注目の投稿

iPhone X とXperia XZ1のベゼル論争で思うこと。

iPhone X が発表されましたね。 ついにiPhone がアイデンティティとも言えるホームボタンを無くして大きくデザインを変えてきました。事前リークもあってかそれほど騒がれている印象はありませんが、私はかなりインパクトのある変更だと思います。 Galaxy S8 以降...

2016年1月24日日曜日

BERGEON ベルジョン No.5733 ブロアー レビュー

しばらくの間、ソニーストアでカメラ本体を購入するともれなく付いてきた BERGEON ベルジョン No.5733 ブロアー 。

DSC01010

このブロアーおまけで付いてくるにしてはそれなりの品物です。せっかくなのでレビューしたいと思います。

スイスの時計修理用の工具で有名なブランド、ベルジョンのものです。と知ってるような口調で書いてますが、私は初めて聞いたブランド名。

DSC01012

パッケージは黄色の紙でつつまれているだけでシンプル。

DSC01013

中に入っていたのはブロアーのみ。オレンジでなかなかかわいい。写真を見て分かるとおり自立できます。

DSC01014

先端部分は別素材。

DSC01015

底はこんな感じ。

DSC01018

以前使っていたブロアーとは質感が全然ちがいます。

DSC01017

α7シリーズはフルサイズなのでセンサーサイズがとてつもなく大きく、すぐに埃がセンサーに付いてしまいます。そのため、ブロアーは必須だと思います。

絞り優先モードで限界ぐらいまで絞って空などを撮影するとすぐにセンサーゴミが分かると思いますが、ゴミのほとんどがブロアーでどうにかなると思います。逆に直接センサーに触れるのは怖いですよね。

昔、面倒でスプレー式のブロアーでセンサーやレンズのクリーニングをやったこともありましたが、余計ゴミが中に入ってしまったり、シリコンオイルが付着して洒落にならない事になる恐れが非常に高いので絶対にやってはいけません。私は今は絶対にしないです。

ただ、ブロアーはある程度パワーが無いとなかなか埃やチリが取れないのでイライラすると思います。そう言う意味ではこのブルジョン No 5733 はややパワー不足だと思いました。いきなりα7 Ⅱのセンサーに埃が付いてしまったので、使ってみたのですが、なかなか頑固でした。

逆に安物の100円均一のブロアーだとパワーがあってもブロアー内に埃が入りやすく、埃を吹き付けてしまう事もあります。どの程度のものが良いのか判断は人の好みもあって難しいと思いますが、少なくともおまけで付いてきたにしては高額だし、良い品物だったと思います。

持ち運びにも便利そうだし、旅のお供にも活躍してくれると思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿