投稿

注目の投稿

VAIO S15 2019年モデル レビュー(ファーストインプレッション)

イメージ
久しぶりにVAIOを購入しました。
と言うよりSONYから離れVAIO株式会社になってからはじめてVAIOを購入しました。

いやー長かったです。VAIO株式会社になってからもVAIOの応援はしていましたが、正直、価格やスペック、デザイン、コンセプト、すべてにおいて購入に至るまでの魅力は私にはありませんでした。

しかし、最近のVAIOかなり良くなりました。特にSXシリーズとモデルチェンジしたS15はかなり魅力的で、あれこれ悩んだ挙句S15を購入しました。

と言う訳で購入したVAIO S15 2019年モデル。ざっくりとファーストインプレッションをお届けしたいと思います。

デザイン

 デザインはVAIO Z2 や VAIO pro の流れを15インチに収めた感じになりました。今のVAIOはほとんどこのデザインで落ち着きましたね。ずっとこの路線で良いと私は思っています。
そして、実機を持ってみて気づいたのですが、剛性がすごい。ほんとすごい。SONY時代のVAIOと違い、ガッチリとしていてたわんだりしません。

キーボードはバックライトがありませんが、とても打ちやすいし、静かです。心地いいですね。
ただ、パームレストや本体は指紋が付きやすいです。久しぶりにコーティング剤を使おうかと思ったのですが、最近はほとんど売ってないんですよね...

端子類が豊富なのがVAIOの特徴のひとつではありますが、私の環境ではこれぐらい常にケーブルをつないでいます。

ただ、このVAIO S15 はディスクドライブを搭載していることやデザイン上、後ろに付けられないために、端子の位置がもう限界に近くかなり強引な部分があります。

ふと、これだったら USB type-C のハブの方がすっきりしていて逆にいいんじゃね?
なんて思ってしまいました...。まぁこの辺は色々考えがありますけど、MacみたいにtypeCしかない機種や、VAIOのように何から何まで全部付いているのも、極端なのはどっちもどっちですね...


特にSDカードの位置が酷いんです。
取り出す時にSDカードが壊れそうになるぐらいでVAIO史上最高に取り出しにくいスロットと言っても過言ではないでしょう...

分解・メンテナンス性
購入していきなり分解したのですが、メモリもHDDもSSDも取り換え放題です。
メンテナンス性はとても良いです。裏蓋も…

いつまでも守り続けたい「日本の自然」写真コンテストのサイトが危ない。

イメージ
ソニーマーケティングも協賛している「日本の自然」写真コンテスト、いつまでも守り続けたい「日本の自然」写真コンテストですが、私も何点か応募しようと思って登録サイトに行くと、ブラウザのアドレスバーに警告が出ています。
そして、パスワード入力欄に来ると、さらにこのサイトは危ないと出てくる始末。
ん?おかしいぞと思い良く見てみるとhttpsじゃないつまりSSL通信していない。
でも、サイトには
プライバシー保護のため、個人情報の送信時にSSL暗号化通信を採用しています。って書いてあります。でも、絶対にしていません。 SSL暗号化通信をしていないと言うことはつまり平文でインターネット上に流れています。こんなの特定のソフトを使えば余裕で拾ってこれます。つまり、このフォトコンに応募する際に記述している住所、電話番号、メールアドレス、パスワード全部ダダ洩れです。こんなの今の時代到底考えられないことですが、現実です。 もし、応募してしまった人が居て、共通のパスワードを使っている人が居たら、すぐに他のサイトで利用しているパスワードを変更した方が良いです。ほんと、信じられないなぁ。僕は応募するのやめました。

でも、ひょっとしたら登録して処理するところだけSSL通信してるかも知れないです。そんな面倒な設計するとは思えないけど。