注目の投稿

α7RⅢが発表された事で2台体制に悩む

α7RⅢが発表されました。 まさかのRからの発売です。初代α7はRと無印が同時に発売されましたが、Rが先に発売されるなんて誰が想像していたでしょうか。 しかもこのα7RⅢ、センサーは前モデルのα7RⅡと同じですが、α9のいいとこをうまくα7RⅡに融合しており死角無しのモデルになっ...

2017年1月22日日曜日

αで撮る世界遺産 京都 鹿苑寺 金閣

京都にも年に数回雪が積もります。雪が積もった日に最も人気になる写真スポットと言えば間違いなく、鹿苑寺こと、金閣寺でしょう。
私も行ってきて撮影をしたのですが、その中の一枚が自分の想像をはるかに超える影響で広まってしまいました。


現時点でリツィートは26,000以上、いいねは44,000以上にまで至っています。さらにはSpotlightさんに記事にまでしていただきました。
image
さて、そんな雪の金閣を公開済みの写真とともにご紹介したいと思います。
DSC07676
室町時代、足利義満が改築し現在の姿になった鹿苑寺。当時の優雅な世界を象徴するかのように金箔でおおわれたその姿は圧巻です。
この姿が一般人が見れるようになったのは明治に入ってから、そして雪景色は非常に貴重だと思うと、人でごった返していたとしても行く価値はあると思います。ただし、現在の金閣は再建されたものであり昭和25年に放火によって消失しています。
DSC07680
お馴染みのアングルから。金閣は池に反射する姿も有名ですが、雪の日は比較的風が強いのと、池そのものが凍っていることも多くこの日も逆さ金閣は拝めませんでした。昔はライトアップもしていたようでして、その時ならバッチリ撮れるんですけどね…
DSC07695
金閣はかなり近くで見る事もできます。
実は私が訪れたのはもう30年ぶりぐらいでして、ここまで黄金に輝いていたのかと驚きました。とてつもなく綺麗です。

ちなみに世界遺産に登録されたのは1994年でした。
http://acafe.msc.sony.jp/contents/2039/20398766/1/I010159abb29ba9468c00159.jpg
ちょうど後ろに回った時に太陽が昇ってきて逆光になっているのに気づきました。金閣の後ろから差し込んでくる場所まで移動して、シャッターを切ると後光が差し込むかのような写真が撮れました。もうちょっと右から撮影できたら尚、よかったのですが、そうすると太陽の位置がズレるのでこの位置しかなかったと思います。
この写真は本当にたくさんの人に見て頂いて記念的な一枚になりました。
また雪が降った時だけでなくゆっくりと訪れたいと思います。
今回の撮影は全てILCE-7M2(α7Ⅱ) レンズはSEL1635Zです。


αで撮る世界遺産 ベルギー グラン・プラス αで撮る世界遺産 パリ ノートルダム大聖堂 αで撮る世界遺産 京都 宇治上神社 αで撮る世界遺産 島根 温泉津温泉 αで撮る世界遺産 バルセロナ サグラダファミリア αで撮る世界遺産 スペイン古都トレド αで撮る世界遺産 京都 西本願寺 αで撮る世界遺産 京都 清水寺 αで撮る世界遺産 京都 東寺 αで撮る世界遺産 バルセロナ カサ・ミラ αで撮る世界遺産 カナダ カナディアンロッキー αで撮る世界遺産 奈良 東大寺
αで撮る世界遺産 奈良 法隆寺
αで撮る京の桜
αで撮る京の紅葉
αで撮る世界遺産 京都 鹿苑寺 金閣
αで撮る京の桜 2017

0 件のコメント:

コメントを投稿