投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

SEL70200GMレビュー

イメージ
α7Ⅲが発表されてフルサイズ用のEマウントレンズが売れているようです。α7Ⅲの感想はまたの機会に書きたいと思っていますが、そんな中、私はSEL70200GMを購入しました。いわゆる大三元の望遠側です。GMレンズはSEL2470GMに続いて2本目になりました。パッケージはかなり大型Gマスター。色々と賞を取っているようでロゴがついてました。Gマスターレンズにはおなじみなのでしょうか?大きなキャリングケースが付いています。ただ、これかさ張るのであまり好きじゃないです。冊子類です。このソフトキャリングケースは単品販売されていないですが、5千円以上はするでしょうね。レンズも大きいですがレンズフードも大きい。ちなみに私にとってはじめての白レンズです三脚座もついていて、これは簡単に取り外しもできます。スイッチ類も豊富。フォーカスモードスイッチ、フォーカスレンジリミッター、手振れ補正、手振れ補正モードスイッチが付いています。フォーカスホールドボタンは縦横についていて非常に便利。このレンズの良いところのひとつとして最短焦点距離が0.96mと望遠レンズなのにめちゃくちゃ近いところ。またズームしてもこれ以上伸びないのも良いです。SEL70300Gと並べてみました。いやー大きい。さっそく撮りに行ってみましたが、もう開放で撮るのが楽しくて開放ばかりにしてしまいました。今度撮りに行く時は気を付けないといけませんね。ただ、事前に知ってはいましたが少々ボケがザワついていると感じる部分もありました。キレキレな描写と両立と言うのは少々酷な要求かも知れません。途中ファインダーで逆光で太陽の形なども確認してみたのですが、非常に綺麗で逆光耐性もよさそうです。多少重たいですが、さすがGMレンズ。かなりお高いですけど、これから桜の季節などに非常に活躍してくれそうです。