2017年10月22日日曜日

GIZMON Utulens レビュー(外観編)

最近、若者の間で写ルンですが再ブレイクしているそうです。フィルム特有のレトロな感じがウケているみたいです。スマホでも綺麗にはっきりと撮れるこのご時世、逆に新鮮なんだとか。

そんな写ルンですが、言っても現像代金とか考えると簡単に手を出すのも億劫になりますが、スマホ用のカメラパーツなどを出しているGIZMONからこの写ルンですのレンズを流用してミラーレスカメラで使えるようにするレンズがリリースされました。

その名も Utulens ウツレンズ… お値段なんと3980円。案の定、すぐに売り切れたようですが、すぐに購入したのでレビューをお届けしたいと思います。とは言っても週末は台風の影響で外には撮影に出かけられなかったので、まずは外観から。

パッケージ

DSC03366

パッケージはレンズ収納ケースのようなキャニスターのようなオシャレなパッケージ。

DSC03367

まんまるです。

DSC03370

蓋を開けたところ。

DSC03372

中身はこんな感じ。丸い円盤みたいなのはスキンシールです。

DSC03374

入っていたのはマウントアダプター L39 これってライカL39マウントアダプターです。マジか、ライカのオールドレンズ使えってことなのか。

DSC03375

マウントアダプターは結構しっかり作られていると思います。多分、Amazonなどで500円ほどで売っているものと同じだと思います。

DSC03377

一方レンズの方はプラスチッキーで限りなく安物くさいです。

DSC03378

真ん中にレンズがあります。レンズフードが無いのが心もとない感じ。

α6000に取り付けてみました。

DSC06199

取り付ける際にはレンズなしレリーズを許可します。

DSC06201

パンケーキなので結構良い感じ。安っぽいですけど。

DSC06202

スキンシールは貼らない方がしっくりしてるような気がします。

DSC06208

レンズはマニュアルフォーカス専用ですが、フォーカスを調整するのは至難の業です。

F16固定レンズなのでパンフォーカスで撮影するのを意識する必要がありますね。ちょっと本気でフォーカス合わせようとするとマウントアダプターとレンズのネジを調整すると言うマニュアルフォーカスリングが存在しないようなものなので、レンズとマウントアダプターがハズレそうになります。

ただ、フォーカスレンジは1m~∞ でF16固定なので少し離せば余裕なのかも知れません。GIZMONのサイトにも被写体に近づきすぎるとピントが合わないと書いていますしね。

焦点距離は32mmの単焦点です。APS-Cなら50mm前後で丁度良いと思います。

余談ですが、レンズを付けると当然ながらF値は表示されなくなります。

DSC06206

また、レンズカバーが欲しいところですが、フィルター径49mmのレンズカバーでピッタリです。

DSC06210

これから外で撮りに行きたいですけど、室内で撮ったものをひとつだけ。撮って出しです。

DSC03383

Aやマニュアルモードでパンフォーカス気味で撮って、現像はVSCOプラグインでフジのテンプレを使うのが王道なんでしょうかね。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿