注目の投稿

iPhone X とXperia XZ1のベゼル論争で思うこと。

iPhone X が発表されましたね。 ついにiPhone がアイデンティティとも言えるホームボタンを無くして大きくデザインを変えてきました。事前リークもあってかそれほど騒がれている印象はありませんが、私はかなりインパクトのある変更だと思います。 Galaxy S8 以降...

2016年11月16日水曜日

PlayStation 4 Pro レビュー(外観編)

今回はPlayStation4 pro (CUH-7000シリーズ)の外観を見ていきたいと思います。

DSC03265

真上からみたところです。初代PS4がブロック的なデザインでしたが、PS4proは上から見ると一枚板のような感じです。肌触りはサラサラしていて指紋も目立たなく傷も付きにくそう。

DSC03266

PSロゴはミラー処理

DSC03269

サイドから見ると3つのブロックから構成されているのが分かります。

DSC03268

〇△□と言ったお馴染みのデザイン。

DSC03270

反対側。

DSC03271

各ロゴ

DSC03272

背面の入出力端子を見ていきます。

DSC03273

左端は電源です。その隣のHDMI出力は4K HDR対応。その隣はAUXポートでカメラで利用します。そしてその隣には光デジタル出力端子、また背面にもUSB3.0を備えています。一番右は1000BASE-Tの有線LANです。もちろん無線LANも備えています。

DSC03274

背面は初代の方がメカメカしかったですね。

DSC03278

裏側 PSロゴがあることにも驚きますが、足が〇X△□になっている拘り。

DSC03279

そして最後に正面になります。3段腹デザイン。VAIO Z 505 みたいです。

DSC03282

右端にPS4ロゴ。そしてUSB3.0が2つ。

DSC03284

USBの隣はblu-rayドライブの取りだしボタンです。

DSC03283

左端はSONYロゴと電源ボタン。電源ボタンがここに移動したのは嬉しいです。前モデルはPS4の配線を変えている時に勝手に触れてよく意図せず起動させてしまっていたので。

DSC03316

電源を入れると正面が光るようになりました。

比較

初期モデルCHU-1000Aシリーズと外観を比較してみました。

スペック的には重量がProは3.3kg 初期モデルが2.8kg

サイズはProが約 295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)で、初期モデルが約 275mm×53mm×305 mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)とわずかに巨大化しています。

DSC03300

左がProで右が初期モデルです。

DSC03302

Proが3段腹になったといっても各パーツは小さいのであまり変わらないのですね。

DSC03305

正面からみたところ。

DSC03307

裏側。裏は初代の方がやっぱ好きかな。

DSC03309

GPUは同じでグラフィックの性能が3倍近くパワーアップしましたが、サイズがあまり大きく変わらなかったのは流石だと思います。その分、スリムタイプもリリースされたので毎度の時代の進化を感じますね。

まとめ

PlayStationって毎回デザインにかなりこだわっているゲームマシンだと思っていますが、PS4proもこだわりを感じるゲームマシンでした。おしゃれなリビングに置いても違和感なく置けるゲームマシンだと思いました。



PlayStation 4 Pro レビュー(開封編)
PS4 pro と PSVR と4Kテレビの気になる三角関係
PlayStation 4 Pro レビュー(外観編)

0 件のコメント:

コメントを投稿