注目の投稿

α7Ⅱレビュー(SONY ILCE-7M2)

α7ⅡことILCE-7M2を購入して1年が過ぎました。 αで撮る世界遺産などで作品を紹介してきましたが、ちゃんとしたレビューをまだ書いていなかったと思います。 最近ネットでも写真をアップして大きな反響を得たり、フォトコンに出したら入選やそれなりの賞も頂けるようになってきま...

2016年11月29日火曜日

PSVRレビュー(外観編)

PSVRのレビュー結構のんびり書いてますが、今回は外観編です。

VRヘッドセット

DSC03036

VRヘッドセットは頭にかぶるものですので、お世辞にもコンパクトとは言えないですが、重量はそれほど感じません。ちなみに610gです。

DSC03037

本体から出ているケーブルについているリモコン。

DSC03039

目視しなくても触ったら何となく分かるように作られています。

DSC03040

PSVRは起動すると青くライトが光りますが、その状態をPS Cameraが取得して頭の位置などを把握しています。SONYロゴはヘッドセット正面の上にあります。

DSC03041

裏側。下にゼンマイみたいなのがあります。頭のサイズは大きい私でもピッタリに装着できるように作られています。

DSC03042

レンズ部分。見えにくいなーって思ったら保護フィルム貼ったままだった。

DSC03044

横から見たところ。ヘッドセットの前方がスライドして位置を調整できます。

PSロゴが再度にあります。

DSC03046

ケーブルは後ろに引っかける感じ。

DSC03052

ヘッドセットは装着感は悪くはないですが、やっぱり大袈裟ですね。ヘッドマウントディスプレイの頃も同じでしたが、装着するまでが結構めんどくさいです。

プロセッサーユニット

DSC03023

プロセッサーユニットと呼ばれるTVとPSVRを接続するための機械です。SONYロゴ付。

DSC03024

裏側。かなり軽いです。

DSC03022

これが

DSC03026

こんな風にスライドさせてケーブルを接続します。

このプロセッサーユニットがちょっと中途半端な仕様なのは前回のレビュー通りです。

DSC03058

ケーブルがあるのが個人的にはめんどくささを増している一部な気がしていますが、装着のしやすさはヘッドマウントディスプレイの頃よりも格段に楽になっています。

次回はPS4proと一緒に遊んでみた感想などを書いてみる予定です。



PSVR レビュー(ファーストインプレッション)
PS4 pro と PSVR と4Kテレビの気になる三角関係
PSVR レビュー(開封編)
PSVRレビュー(外観編)

2016年11月28日月曜日

Windows10でこのネットワークに接続できませんと表示される。

Windows10で無線LANがなぜか突然繋がらなくなることがたまに起きてしまいイライラすることがあります。パスワードを再入力してもダメ、一度オフにしてからオンにしてもダメ、出てくるのは「接続が制限されています」「このネットワークに接続できません」のメッセージ。

たまになってイライラしながらいつも調べていたのですが、メモとしてブログに書いておきます。

image

タスクバーの無線LANのアイコンをクリックします。

右下のネットワーク設定をクリックします。

image

設定画面が表示されます。その中の既知のネットワーク管理をクリックします。

名称未設定 1

既知のネットワークの管理画面が出ます。これ、過去に繋げたのが一覧で出てくるんですよね。パスワードなどを覚えているようですが、これがどうもたまにおかしくなっているようです。

繋がらないネットワークをクリックすると

image

プロパティと削除のボタンが出ますので削除をクリックします。

ちなみにプロパティを見るとあれこれ情報が見れます。

image

削除されたら、また再度手動でやり直したら繋がるようになります。

他に無線LANルーターのアクセスポイントをSSID 1 (WPA2/WPA) からSSID 2 (WEP)へ変更すると良いって情報もありますが、これに遭遇した事は私は今のところないです。

Windowsってバージョンアップで変な挙動になることは昔から普通にありますが、Windows10になってもそこは全く変わらないようです…(Windowsに限った話ではありませんが)


2016年11月27日日曜日

αで撮る京の紅葉

今年も紅葉の季節がやってきました。

昨年は稀に見る不作の年で色づきが悪く残念な感じでしたが、今年はちゃんと紅葉してくれました。ただ、例年より急に寒くなってしまったため、色づきが早く、散るのも早かったような気がします。

「乙女心と秋の空」と言いますが、秋は本当に天気が変わりやすく天気予報を注意しながら色々と見て回ってきました。

今回のエントリーはαで撮る世界遺産の特別編としてαで撮る京の紅葉をお届けします。

DSC06117

初めに訪れたのは東福寺。京都でもみじでオススメする場所と言えばこの東福寺か永観堂がまず出てくると思います。東福寺は最盛期はもう一面真っ赤に染まります。あまりにも人が多い場所のため平時の早朝に出掛けたおかげで比較的ゆっくりと撮影できました。

DSC06211

次に向かったのがもみじの永観堂と呼ばれる永観堂のライトアップ。ここの池に映し出される紅葉はもう見事としか言いようがありません。個人的に一か所だけ行くならどこがオススメですか?と聞かれたら永観堂と答えます。

昔から人が多い場所でしたが、最近はSNSによる拡散や外国人観光客が増えて増々カオスな場所に。祝日に行くのだけはオススメできません。

DSC06325

世界遺産である醍醐寺の紅葉も見事です。ここは桜で有名な場所ですが、ライトアップの水鏡は永観堂に負けず劣らずの美しさがあります。京都市内から離れているため人も比較的少なくオススメです。

DSC06348

圓光寺。早朝の特別拝観に申し込んで行きました。ここで某カメラ集団に遭遇しちょっと嫌な気分に。なんだか客観的に自分を見つめられた気がします。

庭園は非常に美しく、圓光寺の辺りも綺麗な場所が多いです。

DSC06453

詩仙堂。圓光寺から歩いて数分の場所にある庭園です。独特の雰囲気がありとても落ち着ける場所。平日の早朝だからこそ撮れましたが、普段は前に沢山人が居ます。

DSC06673

平等院は紅葉ではあまり有名ではありませんが、ここももみじの木は沢山あります。このベストな構図の場所だけ色づいていませんでしたが、落ち着いて観覧と撮影ができる場所です。10円玉は良く知られていますが、一万円札も平等院の鳳凰であることは知らない人が多いようです…

DSC06539-3

宇治川沿いにある興聖寺。秋になると紅葉のトンネルになると言われている隠れた名所です。

DSC06611

梅雨の時期にあじさいで有名な三室戸寺は秋の紅葉も有名です。私が訪れた時にはイチョウが全て落ちておりちょっと残念な感じでしたが、真っ赤に色づいていました。

DSC06751

京都市内で最も有名な銀杏の木は世界遺産 西本願寺の銀杏の木だと思います。京都市の天然記念物に指定されており樹齢約400年の歴史がある大木です。横にデカイので撮影しにくい木でした。

DSC06847

建仁寺は私が訪れた時、ちょうど潮音庭が公開されておらず何しに行ったんだ…感が満載でした。ベストシーズンでも、たまに神前式などのイベントで公開されていない時があるので注意した方が良いですね…

DSC06897

世界遺産清水寺は今年以降しばらく本殿の改修工事が始まるらしく、しばらく見られないと思い行ってきました。夕陽が特に美しいのでその時間を見て行ったのですが、雲が出てきてしまい残念な結果に。それでも、この風景は圧巻です。

写真は全てα7Ⅱ(ILCE-7M2)で撮影しています。α7Ⅱをずっと使っていますが、色の乗り具合がα6000と比べてかなりの差があります。流石フルサイズセンサーと言った感じでしょうか。

レンズはSEL1635ZもしくはSEL2470GMを利用しました。



αで撮る世界遺産 京都平等院
αで撮る世界遺産 ベルギー グラン・プラス
αで撮る世界遺産 パリ ノートルダム大聖堂
αで撮る世界遺産 京都 宇治上神社
αで撮る世界遺産 島根 温泉津温泉
αで撮る世界遺産 バルセロナ サグラダファミリア
αで撮る世界遺産 スペイン古都トレド
αで撮る世界遺産 京都 西本願寺
αで撮る世界遺産 京都 清水寺
αで撮る世界遺産 京都 東寺
αで撮る世界遺産 バルセロナ カサ・ミラ
αで撮る世界遺産 カナダ カナディアンロッキー
αで撮る世界遺産 奈良 東大寺
αで撮る世界遺産 奈良 法隆寺 αで撮る京の桜
αで撮る京の紅葉
αで撮る世界遺産 京都 鹿苑寺 金閣
αで撮る京の桜 2017

2016年11月24日木曜日

Xperia X Compact SO-02J レビュー(外観編)

手のひらに収まるコンパクトサイズ。陶器のような光沢感、日々を彩るデザインと謳うXperia X Compact ですが、私が感じた事を外観を見ながらレビューしたいと思います。

Xperiaのコンパクトモデルと言えばZ1の頃から続いていますが、昨今どんどん巨大化するスマホの中で4.6インチと言うサイズでありながらパフォーマンスにも妥協をしないモデルでした。それがこのX Compactでは一転し、そこそこのパフォーマンスのコンパクトモデルとして方向転換しています。

DSC03355

色はソフトピンクです。

正面からみたところ。Xシリーズ共通としてサイドがカーブしたパネルになっており保護フィルムやガラス選びには難儀します。

DSC03364

インカメラはXperia XZと大きく異なる部分。XZがイメージセンサーがExmor-RS、1.3メガピクセルの22mmであるのに対してX CompactはイメージセンサーがExmor-R 0.5メガピクセルの25mmのレンズとかなりの差があります。

DSC03356

USB-typeCに変わりました。

DSC03358

今のところあまりメリットはありませんが、向きを選ばないのは暗がりなどでは便利です。

DSC03359

ディスプレイメンから側面、背面へとなめらかに繋がった一体感とありますが、上下のパネルの間にやや継ぎはぎ感が出ています。

DSC03367

特に背面のパネルが継ぎはぎで気になる部分です。

DSC03370

X Compactは国内キャリアではドコモのみの販売。安定してダサイのに主張が激しいdocomoロゴ。

DSC03368

カメラはCMOSセンサー、レーザーAFセンサー、RGBC-IRセンサーを搭載しておりXZと同等ですが、並びが横になっています。

DSC03360

サイドから見たところ。

DSC03361

金属的な部分は指紋認証の電源ボタンぐらいです。

DSC03363

シャッターボタンと音量ボタン。

DSC03371

逆方向

DSC03372

microSDカードスロット兼、SIMカードスロットのみ

DSC03373

上からみたところ。DSC03374

ヘッドホン端子は防水ですがあります。

まとめ

DSC03375

XZのような金属感や高級感はないですが、とてもかわいらしい端末だと思います。手にも馴染みやすいですし、パフォーマンスも十分でコンパクトシリーズの路線変更は正解だったような気がします。

個人的にはやや継ぎ接ぎを感じさせる部分が残念ですが、安っぽさはあまりなく、絶妙な色合いに惹かれる人も多いのではないでしょうか?



これぞ真のフラッグシップ XPERIA の集大成 XPERIA XZ レビュー
Xperia XZ SO-01J レビュー(開封編)
Xperia XZ SO-01J レビュー(外観編)
Xperia XZ SO-01J レビュー (ソフトウェア編)
Xperia XZ SO-01Jレビュー(外観比較編)
Xperia XZ 専用 Style Cover Touch SCTF10 レビュー
Xperia XZ レビュー(カメラ実写編)
小さいのは正義 Xperia X Compact SO-02J レビュー
日本の Xperia X 3兄弟を比較してみた。(XZ,X Performance, X Compact)
最新にして最良 Xperia X Performance レビュー(その1)
最新にして最良 Xperia X Performance レビュー(その2)
最新にして最良 Xperia X Performanceレビュー(その3)
Xperia XZ レビュー(カメラ機能編)
Xperia X Compact SO-02J レビュー(外観編)
Xperia X Compact 専用 Style Cover Stand SCSF20レビュー
Xperia XZ の主観的レビュー

2016年11月21日月曜日

Xperia XZ X Compactレビュー(カメラ機能編)

Xperia のウリのひとつカメラ機能。Xperia XZ と X Compactはさらにその機能を強化してきました。

実際どこまで強化されたのか?今回は機能から見ていきたいと思います。

まずスペックを見ながら実際のカメラの機能や共通項目も見ていきたいと思います。

レンズはSONYで一定以上の品質と認められると付けられるGレンズ。画角は24mm と広角。ちなみに一般的なスマホはおそらく28mmから35mmぐらいだと思います。(iPhone7が28mm)

F値は2.0。スマホはF値が固定ですが、イメージセンサーが小さいとはいえかなり集光効率にすぐれています。

Screenshot_20161120-220628

画素数は2300万画素。画素数だけで言えばα7などと同レベルになります。

センサーはソニー製1/2.3型高感度イメージセンサーExmor RS for mobile。センサーサイズだけで言えばコンパクトデジカメの標準モデルと同じですが、for mobileと付いているので必ずしもコンデジと同じ性能と言う訳ではありません。

Screenshot_20161120-220945

ISO感度は50から3200まで上がります。ノイズはかなり載りますが、スマホで3200は驚異的。これがXperiaが夜中でもブレない高感度である理由です。

Screenshot_20161113-231936

さらに暗いシーンでのAFを高速化させるレーザーAFセンサー、光源を正確に認識するRGBC-IRセンサーでオートホワイトバランスを適正に行う工夫がされています。追尾AFはα6000などのAF-Cと同じ動きをするのでかなりビビります。

Screenshot_20161113-231600

アプリによる拡張機能も継続しており、XZでは4K撮影もサポートされています。

Screenshot_20161113-231712

AR系のアプリが多いですが、ストアなどからも追加できるのも良いですね。

Screenshot_20161120-220827

カメラの共通項目としてはグリッドラインの表示やクイック起動の変更などがあります。

Screenshot_20161120-221106

フラッシュ機能も共通項目になります。

マニュアル機能

Xperia XZやX Compactからマニュアル機能が豊富に変更できるようになったのが大きな特徴だと思います。じっくりと見ていきます。

Screenshot_20161120-220912

マニュアルモードの中にシーンセレクトがあります。かなり豊富なプリセットが用意されています。

Screenshot_20161120-221213

ただ、シーンモードは解像度に制限があります。なにこの制限。

Screenshot_20161120-221002

測光と自動撮影の項目があります。

Screenshot_20161120-224540

デフォルトは顔でした。スマホっぽいです。

Screenshot_20161120-224552

自動撮影はスマイルシャッターでした。初代から使っているとえらい奥に追いやられた気がします。

Screenshot_20161120-221025

マニュアルモードの神髄ですが、WB、EV、SS、フォーカスとほとんどやりたいことが出来てしまう印象。ホワイトバランスはAUTOでもかなり賢くなりましたが、電球や、蛍光灯、太陽光、曇り空などオーソドックスなのは揃っています。

Screenshot_20161120-221035

露出は+-2.0まで

Screenshot_20161120-221043

マニュアルフォーカスも可能。

Screenshot_20161120-221057

もっとも期待していたシャッタースピードですが、最大で1秒でした。うーんこれは期待外れ。10秒ぐらいできたらかなり違ったのに。

プレミアムおまかせオート

ほとんどがプレミアムおまかせオートを使うと思うのでプレミアムおまかせオートの機能もおさらいしたいと思います。

Screenshot_20161113-231819

上から見ていきます。

Screenshot_20161120-220730

セルフタイマーは3秒、10秒とオフが選択できます。

Screenshot_20161120-220750

色合い明るさはある意味マニュアルモードよりこちらの方が変更幅が広いような気もしなくもない。

Screenshot_20161120-220813

測光の項目が無いだけでその他の設定項目は同じでした。

今までプレミアムおまかせオートには例えば解像度が8MPまでしか選べないなどと言った制限がありましたが、XZを使っている感じでは制限は撤廃されていると思いました。

フロントカメラ

フロントカメラもかなり強化されており、広角22mmのレンズを搭載しています。ただ、機能的にはかなり制限されていますが、おもしろいのはハンドシャッター機能。

Screenshot_20161120-221433

自撮り用の機能です。最近、自撮りで死ぬ人も多いようですね…

ビデオ

動画撮影も一通り見ておきます。

Screenshot_20161120-221134

動画での手ぶれ補正は必須なのでXZの手ぶれ補正機能はかなり強力な武器になるでしょう。

Screenshot_20161120-221127

動画でもシーンセレクトなどが使えます。

まとめ

[DSC03130%255B3%255D.jpg]

Xperia XZやX Compactのカメラ機能かなり本格的です。どうせ、そこまでやるならもうちょい頑張れと思う部分もありましたが、全体的にはそこまでやるか!?と参りました。

ですが、所詮スマホのカメラ。ここまでしてもイメージセンサーやレンズ性能で限界があります。どう言う層をターゲットにしているのか不明ですが、今の若い人達はスマホで撮ってアプリで盛ってinstagramやtwitterなどにアップするってパターンが多いと思うのですが、ここまでマニュアルに凝ってもそれで撮る人がどれほど居るのか少し疑問に感じました。多分意味が分からないと思うのです。

ただ、普段レンズ交換式などのミラーレスカメラを持っている人には結構おもしろく、カメラを忘れた時の強力な味方になりそうな予感がします。




これぞ真のフラッグシップ XPERIA の集大成 XPERIA XZ レビュー
Xperia XZ SO-01J レビュー(開封編)
Xperia XZ SO-01J レビュー(外観編)
Xperia XZ SO-01J レビュー (ソフトウェア編)
Xperia XZ SO-01Jレビュー(外観比較編)
Xperia XZ 専用 Style Cover Touch SCTF10 レビュー
Xperia XZ レビュー(カメラ実写編)
小さいのは正義 Xperia X Compact SO-02J レビュー
日本の Xperia X 3兄弟を比較してみた。(XZ,X Performance, X Compact)
最新にして最良 Xperia X Performance レビュー(その1)
最新にして最良 Xperia X Performance レビュー(その2)
最新にして最良 Xperia X Performanceレビュー(その3)
Xperia XZ レビュー(カメラ機能編)
Xperia X Compact SO-02J レビュー(外観編)
Xperia X Compact 専用 Style Cover Stand SCSF20レビュー

おすすめ&ほしいもの

ソニーストア ソニーストア