2016年6月26日日曜日

α用の激安リモコンを買ってみた

アマゾンとかでαの関連商品を見ていると何やら怪しげな激安リモコンが良く出てきます。



しかも500円切ってます。

ちなみにソニー純正のRMT-DSLR2は3000円です。

image

どう考えても安い。騙されたと思って購入してみました。

DSC02663

パッケージはめちゃシンプル。αのロゴが入っているようなパッケージですが入ってないです。

DSC02664

裏側。Made in China の文字が。中華フォントです。

DSC02662

サイズ比較としてウォークマンAシリーズと。

DSC02665

取りだしてみました。

DSC02668

表。至ってシンプル。シャッターボタンと2秒後シャッターボタンのみ。

DSC02667

裏側。電池を入れるところが見えます。

DSC02666

予備電池は付いてました。CR2025です。

で私が購入前に気になったのがこれでバルブ撮影ができるのか?と言う事とタイムラグでした。

わざわざリモコン買わなくてもαシリーズはPlayMemories mobile でスマホがリモコンになります。ただ、あれ使った人は分かると思うのですがレスポンスがとにかく悪い。あれを使って花火のようなバルブ撮影でシビアなタイミングを要求されるような撮影は多分無理です。

DSC02447

試してみましたが、α7Ⅱであっさり使えました。当然ですがレスポンスも良い。

私はこれで十分かな。送料込みでこのお値段。良い買い物しました。


※追記※ その後何回か使ったのですがすぐに電池が切れてしまうようで全く使いものになりませんでした。個体差もあると思いますが、ハズレもありそうなので注意してください。

2016年6月19日日曜日

Xperia Xからスモールアプリがなくなるので tooleap SDKにソニタブッターを移植してみた。

Xperia X シリーズですがなんとスモールアプリが無くなっているそうです。

image

確かに公式サイト見てもスモールアプリの記述が消えています。なんてこった。次期Androidではマルチウィンドウ対応が予定されているからだとかなんとか色々言われていますが、いやいやいや、マルチウィンドウって単なる画面均等分割であってスモールアプリのあの使い勝手の良さをソニー自身が認めていないってどう言う…とか色々思うところがありますが、無くなったものは仕方無い。

私は今までちょいちょいアプリを作っていましたが、今はソニタブッター For SmallApp ぐらいしかメンテしていませんでした。これは日ごろから自分も使っていて気になる部分は直し、ユーザーの声もなるべく反映させて更新しているつもりです。

image

スモールアプリの利点を最も活用できるアプリだと自負しているのですが、スモールアプリがなくなる。つまりアプリの死を意味することで、それはめちゃくちゃ困ります。なんせスモールアプリは一画面であれこれすることしか想定していないような作りを無理やり実装していて愛着があるからです。

Androidアプリでたまにスモールアプリのようなフローティングで動作するアプリがあるのを見た事がありました。と言う事は自分でも作れると思い調べてみたところ、確かにServiceを使えばできそうでした。ですが、調べている途中に何やら良さそうなライブラリを見つけました。

image

tooleap です。

これデモ動画を見れば分かりますが、Facebook メッセンジャーのクローン。まんま同じ動きをしています。

ただ、ウィンドウサイズは固定。そこもFacebook メッセンジャーと同じみたいなのでスモールアプリのような柔軟さはないです。ただ、ウィンドウはフローティング表示されているのでながら作業はある程度はできそう。最小化表示もできるので見たい時だけ見ると言うのも可能だと思います。

CkrJyXAUUAAoXUH

ざっーと移植してみたら以外とあっさりできてしまいました。これは色々可能性ありそうです。但し、利用するにはtooleapからAPIキーを取得しないといけないのと、まだ微調整ができていないのでリリースはしていない状態です。てかAPIキー発行されないのだが....

なんとか今月中にはリリースできるようにしたいですね。


エクスパンシス

SEL2470GM レビュー(外観編)

今回はSEL2470GMの外観を見ていきたいと思います。

DSC01724

箱から取りだした時の第一印象は重い。ミニ三脚とかはもう支えきれないようでクタッてなってしまうぐらいの重量です。なんせ886gもあるのですから。

DSC01726

レンズキャップを付けた状態で真上から見たところ。

DSC01746

フィルター径は82mm。標準ズームレンズでこのサイズ。

DSC01728

横から見たところ。SONYロゴ

DSC01729

逆サイド。

DSC01730

Gのロゴはオレンジ。

DSC01732

丸いボタンはフォーカスホールドボタン。親指オートフォーカスが使えるα7ではあまり私は使っていません。

DSC01733

フォーカスモードスイッチ。これもAF固定にしてます。本体の設定をごちゃごちゃ変えているとレンズの設定との関連性がまだ良く分かってなかったり。

DSC01735

真上から見たところ。

DSC01734

FE2.8/24-70 GM がかなり目立つデザイン。

DSC01736

ズームロックスイッチがありますが、24mmの時しか使えないんですね。便利なのか不便なのか。

DSC01737

レンズフードを取り付けたところ。

DSC01741

せっかくなのでSEL2470Zとも比較してみます。

DSC01740

お分かりだと思いますが小さい方がSEL2470Z

DSC01742

これほどまで差があるのか…と思うぐらいの差です。

DSC01747

α7Ⅱに取り付けてみました。

DSC01749

α7Ⅱでもアンバランスに感じるぐらいの大きさです。α6000とかどうなっちゃうんだろうか。

DSC01751

でも、慣れました。

次回は色々撮影した内容をレビューしたいと思います。SEL2470Zと比較もしたいところですね。



SEL2470GM レビュー(ファーストインプレッション)
SEL2470GM レビュー(開封編)
SEL2470GM レビュー(外観編)

2016年6月5日日曜日

分かってそうで分かってなかったカメラ用語

http://taiseiko2.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_f23/taiseiko2/image/2013-01-12T14:17:20-1af1b.jpg?c=a1

カメラを触っていると結構色々な人から質問されてしまうようになりました。もちろん「どのカメラがおすすめでしょうか?」とかもありますが、カメラ用語の詳しい事を質問されると写真は好きだけど、知識はにわかの私には返信できない事が沢山あります。

そこで今回のエントリーは自分のためにも質問されたことをまとめてみました。

センサーサイズの違いでなぜ画質が変わるのですか?

[DSC00956%255B3%255D.jpg]

これを聞かれたのは「あなたのカメラってセンサーサイズなんなの?」と聞かれた時に

「私のカメラはフルサイズですよオホホホ」とフリーザ様のようにドヤ顔で言った時でした。

そしたら隣に居た人に「なぜセンサーサイズの違いが写真の差になるのですか?」

と聞かれたので「センサーに入る光の量が違うから。」と答えたのですが、すかさず

「なんで光の量で同じ解像度なのに解像感とか画質が変わるの?」って聞かれてちゃんと答えられませんでした…

で、理解できるまで調べてみました。

カメラと光のはなし 2.センサーサイズと解像度

このサイトとても分かりやすく説明されています。

”イメージセンサーは,縦横に碁盤目状に区切られており,碁盤の1マスが1画素に対応しています。この画素の数を増やすと,より細かい被写体を区別することができるようになる,つまり解像度があがります.その一方で,同じ面積で画素の数を増やすわけですから,画素1つあたりのマスの大きさ(画素ピッチ)は小さくなります.つまり1画素が受け取れる光の量もその分すくなくなり,感度は悪く(あるいはノイズが多く)なってしまいます.”

と記載されています。これ読んで私は納得しました。もちろんメーカーや開発次期、画像処理エンジンによってノイズ処理などは変わってきますが、一般的にフルサイズセンサーが画質や解像感に優れている理由も頷けると思います。

焦点距離のミリってなんの単位ですか?

DSC01736

焦点距離も理解しているつもりだったのですが、「これ何の単位ですか?どこからどこまでの距離です?」

って改めて聞かれるとちゃんと答えられなかったので調べてみました。

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ  焦点距離

調べてみると単純にミリ単位、つまり1cmの10分の1です。この距離は、レンズの中心から像を結ぶ地点(焦点)までの距離。

つまりレンズの中心からセンサーまでの距離を表しています。ちなみにレンズが厚くなるほど焦点距離は短くなります。

コンデジなどを使っていると倍率何倍とかで表示されるので何メートル先まで見えるのか?みたいな感覚になってしまい、この焦点距離にピンと来ないのも分かる気がします。画角なんですよね。

レンズフードや保護フィルターって意味あるのですか?

DSC01748

私はレンズフードをいつも付けているのですが、キットレンズってレンズフード付いていないのもあるので、

「レンズフードって意味あるのですか?」とか

「なぜ付けているのですか?」

って良く聞かれます。

「レンズを物理的に保護するためと、余計な光が入ってゴーストやフレアを発生させないためだよ。」

って答えています。これは色々調べてみましたが、そんな感じみたいですね。よかった。

一方、保護フィルターってなぜかお店でオススメされますよね?

私も昔は言われるがまま付けていました。これも気になって一度調べたのですが、そもそもレンズはフィルター無しでパーフェクトになるように設計されており、保護フィルター付けたら設計者のベストな状態ではなくなります。差なんてあってないようなものですけど。

適当な安物を使って逆にフレアやゴーストが発生し写真に影響でる事も多々あります。特に夜景は致命的。ただ、レンズを傷付けたくない人は付けた方が良い。と言う感じでした。つまり保険です。私はレンズフードで大体は守られるので敢えて高いフィルターは付けていません。

最後に

最後にどのカメラメーカーのサイトにも一応カメラ用語についての説明が記載されていますが、複数のサイトを見て初めて本質的に理解できるような事もありました。分かったつもりになってると質問攻めにあった時答えられないので恥かく前に勉強しておこうって思いました(笑)どこもめちゃくちゃ参考になります。ありがたい。

でもCanonは初心者向けサイトをやめると予告しています。

SONY デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ

NIKON デジタル一眼レフカメラの基礎知識

LUMIX デジタルカメラ講座

LET'S START EOS


本が激安。これは買いだめしても良いと思います。

2016年6月4日土曜日

SEL2470GM レビュー(開封編)

ソニーのレンズと言えばはハイグレードはGレンズかカールツァイスレンズでした。

そこに新しいブランドGマスターなるシリーズが出てきた訳ですが、その中で標準レンズとなるのがズーム全域F2.8を実現しているSEL2470GMです。

予想外?の人気により品薄のようですが、私もちょっと遅れながらも購入しましたのでファーストインプレッションは先日しましたが、詳細なレビューをしたいと思います。

まずは開封レビューから。

パッケージ

DSC01701

パッケージは思ったより大きくなかったです。

DSC01702

ただ、重量はかなりありました。

DSC01703

オレンジよりも黒がメインのパッケージです。

DSC01699

ちなみにSEL2470Zのパッケージと並べてみました。サイズ感が分かると思います。

開封

DSC01704

開封は横から広げるタイプ。

DSC01705

かなり豪華なキャリングケース。実はこれLCS-FEA1と言う普通に売ってるレンズケースで5千円します。

DSC01706

そして手前には冊子類があります。

DSC01707

先に冊子類から見ていきたいと思います。

DSC01708

中を取りだすとこんな感じ。ZEISSのような署名とかはなかったです。

DSC01709

説明書は1枚紙でした。

DSC01710

キャリングケース LCS-FEA1を取りだしたところ。

DSC01712

キャリングケースは豪華ですが素材があまり高級感無いと思いました。

DSC01713

正面からみたところ。

DSC01714

サイド。下はネームホルダーです。レンズが何か分かります。

DSC01715

そして裏側。それぞれにストラップなどを取り付けられるようになっています。

DSC01716

広げる時ですが、なんとダブルジッパー。出し入れしやすく保護してくれますね。

DSC01717

広げたら本体見えました。

DSC01718

中はこんな感じ。

DSC01719

中には専用のベルト

DSC01720

レンズフード

DSC01722

レンズフードを取りだしてみたところ。

DSC01723

レンズフードはロック式です。個人的にはレンズフードが取り外しにくくなったので無くても良いです。

DSC01724

そして本体。本体の外観は次回にまわしたいです。

付属品についてですが、キャリングケースはここまでのモノはいらなかったかなと言うのが正直な感想です。ZEISSのレンズについてくるケースの方が好み。

DSC01749

次回は外観をレビューする予定です。



SEL2470GM レビュー(ファーストインプレッション)
SEL2470GM レビュー(開封編)
SEL2470GM レビュー(外観編)

注目の投稿

α7Ⅱレビュー(SONY ILCE-7M2)

α7ⅡことILCE-7M2を購入して1年が過ぎました。 αで撮る世界遺産などで作品を紹介してきましたが、ちゃんとしたレビューをまだ書いていなかったと思います。 最近ネットでも写真をアップして大きな反響を得たり、フォトコンに出したら入選やそれなりの賞も頂けるようになってきま...