注目の投稿

α7RⅢが発表された事で2台体制に悩む

α7RⅢが発表されました。 まさかのRからの発売です。初代α7はRと無印が同時に発売されましたが、Rが先に発売されるなんて誰が想像していたでしょうか。 しかもこのα7RⅢ、センサーは前モデルのα7RⅡと同じですが、α9のいいとこをうまくα7RⅡに融合しており死角無しのモデルになっ...

2016年2月7日日曜日

すべてが変わった VAIO Phone Biz

これが VAIO Phone Biz

https://vaio.com/products/images/biz051/pic-main.jpg

あの不運とも呼べる初代 VAIO Phoneからまるっきり変わってしまいました。

スペックとか実際触ったレビューは各種メディアサイトにお任せして、私の感じた事を書いてみようと思います。

https://vaio.com/products/images/biz051/img_cw3_main.jpg

まずは色々な媒体で紹介され一部では大絶賛されていますが、(そこまで絶賛するほどでは無いとも思いましたが)素直に購入したいと思わせる製品だったと思います。

デザインはちょっとカメラがでかすぎるかなーとも思いましたけど、ちゃんとVAIO Z Canvas に近い雰囲気でVAIOらしいし、質感も写真で見る感じ悪く無さそうです。対応バンドの幅が広く適当に出していない感じも伝わってきます。

しかし、もしこのVAIO Phone Biz のデザインでXperiaが出てたら世間の反応もうちょっと違ったのではないかな?とも思いました。

今はまだVAIOがスマートフォンを1から作っていくのは難しいと思いますので出来る範囲できっちりと作っているのは分かりましたが、今後はよりVAIOらしさが出てくるような端末も期待してしまうのは老害なんでしょうかね(笑)

https://vaio.com/products/images/biz051/img_cw1_main.jpg

OSについてAndroidの方がカスタマイズも出来て良かったのでは?と言う声も少し聞こえますが、Androidで勝負するのは先のデザイン含めて価格も相当ハードルが高いですし、Windows PCとの親和性含めて今のWindows 10 mobile の置かれている状況だからこそ評価もされる端末なのかな?とも思います。

ターゲットは違えど初代XperiaとAndoroidがそうであったように、マイクロソフト含めてWindows 10 mobile を盛り上げてほしいと思います。今のままだとWindows10 mobileが流行る見込み無いですからね…

スタミナ性能や実際のレスポンスなどは使ってみないと分からないので購入したらその時に改めてブログを書いてみるつもりです。

以前のエントリーでも書きましたが今のVAIOはPCも素の状態でソフトウェアでは他社と差別化はできていないと思います。Windows 10 mobile はほとんどカスタマイズできない個性を出しにくいOSなので、この先PCのVAIOがソフトウェアで個性を出すようになった時、どうしようと思っているのか、はたまたこのままPCも素の状態の路線で走り続けるのか見ていきたいと思います。

アプリは気が向いたら作ってみたいですね。PlayMemories mobile が無いので似たようなのが自分が欲しいので。


0 件のコメント:

コメントを投稿